累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
初出船(マコガレイ)&海老探り
c0011031_1312671.jpg


【日時】
2007年4月30日5-13時、18-20時

【場所】
(1)大洗港から出航の大栄丸
 
(2)某漁港

【釣果】
(1)マコガレイ(×2:32cm、27cm)
 前回のトリ貝の仕掛けに掛かったのよりは若干大きいですがほぼ同サイズ。
 周りの人の外道では、タコ、ショウサイフグが釣れていました。

(2)ドンコ(エゾイソアイナメ)(×1:27cm)(*もらいもの)
 これは自分の釣果じゃなくて、某漁港で同じく海老釣りしていた地元親父がくれたもの。
 この前釣ったのよりかなり大きい。

(3)磯ダマ(多数)
 今日の海は穏やかで、丁度海老ねらう直前に潮が引いていたので、前にとった場所で磯ダマねらい。多数取れました。これがうまいんだな♪

(4)ショウジンカニ×1
 お決まりの海老の外道。1匹だと味噌汁の出汁しかありませんね。。。





【仕掛】
●鰈釣り船仕様は、いつもいく地元の釣具屋の店員に聞いたもの。
 竿・・・・・・・いつもの海老用穴釣り竿(1.4m。2mくらいがいいかも。竿先固めで)
 ライン・・・・PE(2号くらいかな)。新しくかった両軸リールについていました。
 おもり・・・釣り船屋に聞いた錘は50号!!重い!!鹿島灘はどうも潮流が早く、これくらいがいいんだとか。実際に釣りしてみると確かによく流れる。人が多かったので重くしてないと周りと絡まってしかたない。50号で正解です。
 仕掛け・・・天秤つきの船釣り用の鰈仕掛け。1セット600円くらいする。。。でもネガカリしないので結局1つだけしかつかわなかった。針は13号か14号。
 エサ・・・・アオイソメ。釣り船でくれます。

●釣り方(へたっぴの釣り方なんて。。。。)
 船長、隣のベテランに聞いた感じ。でもつれない。。
・まず底まで仕掛けを落します。
・次に底を錘で何度もたたくように竿を上下します。10回くらいみたい。
・ちょっとじっとします。食わせる時間のようです。
・次にゆっくりと上に上げます。食っているかの探り合わせだとか。掛かっているとビビビ!っと当たりがきます。この後は一回あわせて食いを深くするのがいいみたい。一回これをせずに上げてると途中でばれました orz....

【料理】
(1日目)
●ドンコ・・・・・同じく煮付け。こいつは最初の晩に。今回のドンコには肝入っていたので、一緒に煮付けにしました。だまされたと思って食べてみたが、いやーマジクリーミーでうまいですね。見かけにだまされてはいけません!釣り場で入らないドンコいたら下さい(笑)。

『ドンコの煮付け肝いり』
 ドンコは頭を出刃包丁で落として、内臓を取り除き、うろこを包丁で落として最後にちょっと粗塩でぬめりを取ります。内臓の中にある肝は忘れずに確保しておくこと。
 日本酒、醤油、みりん、砂糖を適当な割合でツユを作ります。
 私の場合は日本酒2、醤油:2.5、みりん1、砂糖適当でした。これに水(5くらいだったか。。もうちょいか)と若干の粉末出汁、刻みしょうがを若干を加えて、アルミホイルで落し蓋をして中火で10分ちょい煮ます。時々煮汁を上からかけて。
 以上で出来上がり♪。簡単です。ドンコの身もとても美味しいのですが、肝が激ウマですよ!!マジで。クリーミーなんですよね。ちなみに一緒に入れた磯ダマ、あんなに出汁でるとはおもわなんだ。。。。もうちょい量少なくてもいいかも。でもいい磯の香りでます。お勧め。

●磯ダマ・・・・ドンコと一緒に煮る。こいつの味は保証付きだったが、出汁とっても一級品であることが判明。磯の香りが良くでます。夏場は素もぐりででも採りたいくらいだ。

(2日目)
●マコガレイ・・・・・・32cmは刺身に。しかもコブ〆。帰ってきたのが遅かったので明日食べたかったから。また一晩置くほうがうまいという話も。やはり鰈の刺身はうまい!!
 もう1匹(27cm)は煮付けに。先に煮付けにしたドンコ+磯ダマの残り出汁に少し足したもの。マジうまい!!
 夏のマコガレイは本当に美味&高価らしい。ヒラメよりも高いんだとさ(最近はヒラメ、養殖でていて安いけど)
 ちなみに刺身にした鰈の骨はからっと揚げてせんべいにしてみました。これがかなりいけます!!

『マコガレイの刺身コブ〆』
 多分30cmくらいないと食いこたえないかも。でも25cmくらいでも多分自分なら食べるな。。。
 20cmなら煮付けかから揚げに。
 刺身コブ〆はココを参考にしました。
 特にこれ以上のことはしておりません^^;

『マコガレイの骨せんべい』
 ちなみに残った骨、この前は捨てていましたが今回は、塩コショウをふった後に小麦粉をまぶして油で揚げてみました。真ん中の骨は食えませんでしたが(多分揚げ方が甘かった)、アバラ骨といいますが、小さい骨はぱりぱりしていて激ウマでした。病み付きになりそうな香ばしさ♪

『マコガレイの煮付け』
 定番です。1日目のドンコ、磯ダマの煮付けの残り汁に少し汁を足してそのまま煮付けに。
 鰈の刺身もいいけど、煮付けもかなりうまいですね。ホント、マコガレイって美味しい魚だ♪

【備考】
 取引先メーカの釣り仲間とGWにどっか釣り行こう、という話をしていてやっぱ釣れるほうがいいということで釣り船にチャレンジ。実は私は初体験でした。釣り仲間は一度鯖のルーア船にのったことあるみたい。
 出船は5:00過ぎ。4:00過ぎには現場に到着していました。HPでは数日前にかなりつれているとの話だったので、「20匹とか釣ったらどうしようか!?ダレにおすそ分けすっかな。。」と二人で入らぬ心配をしていましたが、プチ独身の私には2匹、家族3人の釣れには3匹となんとなくうまく収まりました。竿頭は25匹でした。何がちがうんだ。。。。船長に聞くと彼はコンスタントに上げているようでまぐれとかじゃない。釣りって奥深いですね。
 ちなみに船は初めて&乗り物酔いするたちだったので、一応酔い止め飲みましたが、案の定2回ほど、マイ撒き餌を・・・・・でも吐けば楽になるって本当ですね(笑)。吐いたあとはすぐに釣り再開していました。
 釣り場は大洗沖15分くらいのところ。どうも今年は良くつれているみたいで、日立からも釣り船来ているようでした。マイボートの人も一杯いてごった返していました。
 最初の1匹は船の中でも2番目に早くあげたので、「お!?これは幸先いいな」と思っていたらあと3,4時間つれず。。。当たりは2回ありましたが1回はバラシ、2回目はあわせそこね。
 しかしPEラインってすごいですね。ナイロンじゃわからないあたりもわかりますし、海底の感覚も良くわかります。岩なのか、砂・泥なのか。投げでは入らないかもしれませんが、こういう釣りには必須な気がしてきました。
 結局2匹のみで、13時に戻り。最初の船釣りは酔っ払って、酸っぱい味でしたがまあ楽しめました。ボウズじゃなかったし。
 その後、ツレを大洗水族館に来ていたツレの奥さん、子供に引き渡して、私は眠かったので少し仮眠。3時間くらい寝たかな。。。
 その後元気を回復し、翌日から雨ということで、こりもせずに某港へ海老探りに。
 結局あたりはなく、自分ではカニ×1だけ。オヤジにもらったドンコ、採取した磯ダマをゲットしてまあ満足。
 ここで耳寄りな海老情報を手に入れました。
 帰りにいつも同じ場所で釣っている人に「どうですか?」ときくと今日は潮が悪く(干潮にあたっていた)、駄目とのこと。でも今年になってもう6匹上げているとか。いるんですね!!
 もうそろそろ本気モードで攻めるか。

c0011031_1233983.jpg
マコガレイ32cm。刺身&骨せんべいに。。。


c0011031_1244747.jpg
ドンコ27cm。こいつはもらい物。煮付けに。肝がうまい!!


c0011031_1252969.jpg
磯ダマ(しったか)。こいつも凪なら確実にゲットできてうまい貝。


c0011031_1261387.jpg
ドンコの肝。釣り上げた人はだまされたと思って食べてみることをお勧めします。クリーミーで激ウマです。


c0011031_127958.jpg
鰈の刺身をした残りの骨。塩コショウ、小麦粉をまぶして揚げて骨せんべいに。これも捨てがたい美味。


c0011031_128164.jpg
ドンコの煮付け。上にちょっと載っているのが肝です。うまい。


c0011031_1284394.jpg
磯ダマ煮付け。こいつも美味。出汁も非常に良くでる一品。


c0011031_130897.jpg
今宵のビールはキリンのハートランド。


c0011031_1291661.jpg
鰈の刺身をコブ〆にしているところ。


c0011031_1312671.jpg
マコガレイの煮付け。上手に出来ました。こいつもかなりうまかった。


c0011031_1321746.jpg
鰈の刺身のコブ〆。きり方がまだまだへたっぴ。柳刃がほしくなってきた。。


c0011031_1331531.jpg
鰈の骨せんべい。こいつもうまいです。

[PR]
by o_toma | 2007-05-03 01:34 | 釣果
<< 海老空振り&初ワタリガガニ(ガ... 初トリ貝&おまけのカレイ@大洗港 >>