累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ
私の海老釣り道具紹介
最近、まったく釣りにいけていないので、私の海老釣り道具紹介をしたいと思います。
まだ初めて月日が浅いので、突っ込みポイントがたくさんあると思いますが、ご紹介まで。

c0011031_2154966.jpg







c0011031_217134.jpg


これが私の海老釣りメインの竿と主なアイテムです。
仕掛けは自作などいろいろやってみましたが、まあ、市販のを買ったほうが安いし無難です。
ただ、たまにはチャレンジでいろいろ工夫して遊んだりもしています。何か釣果があればいつかご報告します。

つり方についてはまた書きますが、大まかにいって2種類あると思います。

(1)手持ち
(2)置き竿

手持ちはまさに手でもって当たりを自ら感じるもので当然ながら1本で勝負です。
テトラの隙間の穴や堤防とテトラの間の穴などを狙います。
海老とかカニ、魚などがつついているのがよくわかるので、感触を楽しみたい人にはお勧め。
また、餌の状態(なくなっているかどうか)がわかりやすいのも利点だと思います。
(カニさんがつつかなくなるので、わかりやすい)

置き竿は、堤防のヘチにずらっと並べてあとはぼーっと当たりを待つというもの。
おそらく確率的にはこちらのほうが高いでしょうが、海老が餌を探して徘徊していないと釣果が上がりません。

私個人的には手持ちが好きです。
手持ちをしながら、置き竿も、、、というのがいつものパターンです。

手持ちの場合は、

c0011031_224951.jpg



こんな感じで、竿の一部を必ず足や腿などの体の一部に接するようにして、当たりを感じやすくしています。

ちなみに置き竿はこんな感じです(食卓机で写真とって見ましたがイメージはつかめますよね)。

c0011031_2262055.jpg


[PR]
by o_toma | 2007-10-02 02:29 | 海老釣り
<< ザリガニ以下 釣りにいけない。。。 >>